So-net無料ブログ作成
検索選択

Angel Beats! 最終話 [アニメ]

用事があったのでリアルタイムで見れませんでしたが、まあ、見なくてもイイ内容だったか。結局、もろもろの謎を放置して最終的に音無とかなでの恋愛の話の持っていったのは、どうだったのでしょうね。かなでの心残りは心臓をくれた人に「ありがとう」を言う事だったとは、非常に単純だったのですね。それだけでなぜ、APを持っていたのか?、さらにSSSと敵対していたのか全く説明になってないです。このへんは、track ZEROを読んでみないと解らないのか?ところで、第1話で音無の胸を貫いたときに気がついたと言っていたので、1話を見てみたら陽動作戦中に天使は単に音無に会いに来たのか?でも刺した後に何処に行ったのだろうか?さらに5話で音無とかなでが遭遇しているが、特に変わった様子が無い・・・。5話でゆりがかなでは人間ではないかと気が付き、単に生徒会長してSSSと対立していたのではと分析をしていた。そう考えると、やはり、音無のことに気がついたのは9話か。こう考えると、やはり9話がキーになるが、ここが一番分かりづらいしまだよく解らない。ということで、かなでに関しても非常に話が解らない。
 結局、大ぶろしきを広げ過ぎ謎を残したままだが、本来の予定通り恋愛に持っていったということか。でも、続編とかあって、AIRみたいに3部構成だったらある意味すごいけど。
 まあ、タイトルからわかるように、音無の心臓が天使ちゃんへ移植されたというのは、最初の設定からあったのだろう。ここを基本に話を考えると最後のオチはまあ許容できるが、結局かなでの「AP」とゆりの「神」は解決していないのは少し物足りないかな。
 いずれにしろ、ここ数カ月とても楽しかったし、天使ちゃんがとてもかわいいので天使ちゃんに萌えるというだけでもこのアニメに価値はあったと思います。麻枝氏には次回作等にこの経験を活かして更なる良い作品を作って欲しいです。とりあえず、Rewriteをプレイしよう。やはり、いたる絵はイイ。

タグ:Angel Beats!

Angel Beats! 12話 [アニメ]

リアルタイムで見るのはキツイです。少しわかりにくいので先程もう一度見ました。結構わかってきたような気がしました。しかし、「愛」と来たか。

今回までの謎と考察
 1、APをなぜ奏が持っていたか?
   おそらくAPの作者が待っていた女性と言うのが奏ではないのか?
   作者は出てくるのだろうか?音無がもしかしたら転生したのか?
 2、実は死んでいない説
   一応今回でゆりに関することは終了したはずでさらに2話を再度チェックしてみたら、
   ゆりがどの様に死んだのかは結局分からない。
   3話の岩沢さんや10話のユイは病室で寝ている状態だった。
   4話の日向、6話の直井もなぜ死んだのか分からない。
   9話の音無、ここだけ唯一死んだと言える表現か?
   リトバスに似た世界なので、この可能性は結構高いのでは?
 3、クライスト(竹山)が出てこない
   これはどうなるの?
 4、「神」とは
   結局、曖昧なままいないのか?
 5、若者たちの魂の救済場所
   9話で天使ちゃんが言っていた
 6、卒業生代表
   これは展開としてどうなのでしょうね。ちょっとひどいような。
   結局、1クールでは尺が足りないか。
 7、音無の妹とゆりの妹と弟たち
   理不尽な死に方をしているはずなので、同じような世界はあるのではないか?

いずれ来週でわかるか。


 
タグ:Angel Beats!

Angel Beats! 11話 [アニメ]

先程、もう一度見ました。さすがに、終盤になって展開が面白くなって来ました。今回の一番の衝撃は、天使ちゃんこと立華奏に関することですね。前に私がまとめで書いたことが全く違っていて、奏も天使なんていう存在ではなく人間であって、理不尽な死を遂げてしまってこの世界にとどまっていると言う事ですね。さらに、この世界で何かをするために自らとどまっているというのが正確か?しかし依然として「Angel Player」は何処で手に入れたのか?、もしくは自分で作成したのか?の疑問が残る。あとは、普通の人間であったのならば、死ぬ前の過去があるはずだし非常に気になる。OPでピアノを弾いているので、生前はピアノをやっていたのか?
 さらに、NPCと言う単語を多様していることから、MMORPGに近い電脳世界なのかというのも気になる。でも、麻枝氏がこれを否定しているようですが。
 いずれにしろ、次回で何らかの展開が待っていると思うので楽しみです。次回予告でのC217「よく辿り着けましたね」と言っているのは一体誰なのだろうか?中の人はエヴァのカヲル君だよな。今回のシンジ君の「入ってくる、誰か入ってきます」と言うセリフといい。結構声優で遊んでいるような・・・。

 考察


タグ:Angel Beats!

Angel Beats! 10話 [アニメ]

もうそろそろ、みなさん見た頃だと思いますので感想を。さすがに、夜中なのでリアルタイムで見れなかったです。また、今回は予告にもあった通りユイの回でした。冒頭の音無と天使ちゃんのやり取りが楽しく、さらに天使ちゃんの天然っぷりが今回も可愛かったです。また、ハンドソニックVer.5や羽を生やしてとか完全に伏線か?何故かOP無しだ。早速、作戦行動ですが天使ちゃん、はしょりすぎ。いきなり「バンドが死んでいる」とか、天使ちゃんマジ天使。ここでのやり取り相変わらずキタエリ良すぎ。この後は、音無がユイの願いを叶えるべくいろいろ画策をするがなかなかうまく行かない。そこで、聞かされるユイの生前の過去、何か明るく喋っていたな。しかし、ユイの絶低領域は鉄壁だったな。はたしてDVDではパンチラあるのか?と脱線しましたが、全くシリアスにはならずにAパート終了。Bパートも同様に始まり、サッカー、さらに野球ですか。麻枝准は野球が好きなのか?野球になったときに気付くとは思いますが、さすがにこの展開は気がつかなかった。途中、日向がボールを拾うシーンがあったのを後で気がついたし、確かに、日向とユイは前から張り合っていたような気がした。ユイの願いは、結婚と言っていたが実は母親を安心させてたかった事だったんだろうな。ユイが音無に結婚して欲しいと言った時に詰まっている時に、颯爽と登場した日向だが正直「やんよ」はないと思った。どういう意味なんだろうか?せっかくのシリアスなシーンなのに・・・。しかし、ここで流れる歌はイイ。なぜキタエリに歌わせなかったのか・・・。ここからは、まさに麻枝准ワールド、イイ演出だ。そして、ユイが消える。しかし、日向は消えなかった。そしてエンドロールでの一枚絵。麻枝准の真骨頂、素晴らしい。
 構成的には、ここで10話は終わらせて、最後の超展開はなかった方が良かったような。何はともあれ、次回はどうなるのだろうか?ところで、ユイのバナーはないのね。


タグ:Angel Beats!

いちばんうしろの大魔王 [アニメ]

最近アニメばかり見てます。今度は、いちばんうしろの大魔王で10話まで一気に見ました。録画してある奴を毎週サラッとは見ていたのですが、絢子(声:日笠陽子さん)が、素直になれない系ツンデレだったので、はじめから見直したというところです。阿久斗が少し鈍いような感じなので、絢子との関係が進展しないと言うか誤解尽くしでやきもきします。また、物語の方もだいぶ核心に近づきつつあり、けーな(声:豊崎愛生さん)の髪飾りや神を取り巻くシステム、勇者ヒロシとの関係など、展開が面白くなって来たので次回がとても楽しみです。何気に、生徒会長のリリィ(声:広橋涼さん)がお気入りだったりします。 
 ところで、今期みているアニメでは、AB、WORKING!、迷い猫、けいおん!!ですが、なんとなく声優が固定されている気がします。一番のびっくりは、佐藤聡美さんですね。けいおんの律は有名ですが、迷い猫で乙女姉さんをやっているなんて全然声が違う気がする。
 そういえば、アニメでは公式サイトへのバナーリンクが無いんだな。もう少し、ネットを活用した方がいいのでは。

WORKING!! 1から9話 [アニメ]

WORKING!!の1話から9話まで見ました。こちらは、職場で見ている人がいて伊波さんが可愛すぎると言っていたので少し調べてみたら、伊波さんの中の人が藤田咲さんでEDがミクが歌っているように聞こえるなど面白そうだったので見た次第デス。原作を知らないのではじめの頃はぽぷらが容姿が小さいにもかかわらず、先輩で巨乳、さらにあすみんの声も相まって非常に可愛かったのでメインヒロインだと思っていました。また、OPもかなり楽しげでとても良いですね。
 さて、9話は見所が多くてかなり良かったです。女装した小鳥遊がことりちゃんとして伊波さんの父親と対峙して、そこで明かされるまひるの男嫌いの理由、父親最悪だ。なるほど、これでまひるファンが増えたのですね。しかもフラグ立ちまくりで、いきなり恋する乙女の瞳になっているのがイイ。顔真っ赤だし。もうニヤニヤが止まらない。そこで、まひるが歌うEDにつながるという演出、本当に素晴らしい。ツンデレの真髄、デレた瞬間を歌で表現するのはすごいと思います。と、ヒロインの座を一気に確実のモノした感じでした。その勢いでEDを早速ミクに歌わせていたりして一部では非常に盛り上がりを見せているようです。そこで、いろいろ調べてみると、アニメ化される前に、まひるの気持ちをメルトの替え歌でミク歌わせている予言者がいてすごいです。もしかしてアニメ化をするスタッフがこの替え歌のことを知っていたのかもしれないですね。本当に歌詞がすごくイイ。
 ところで、改めて考えると4コマ漫画は秘めたパワーを持ってるな。日本が誇れる素晴らしい文化だと思う。

Angel Beats! 1~9話 [アニメ]

Angel Beats!の1話から9話まで一気に見ました。これからクライマックスに向けて話題に乗り遅れないようと思い見た次第です。やはり、話題作はリアルタイム、さらに実況を見ないと面白く無いですよね。
 とりあえず、感じたことは、この物語の世界観はリトバスの夢の世界?に酷似しているなと感じました。リトバスでは神は恭介でしたが、この世界に神はいるのだろうか?さらに天使の存在は・・・。Angel Playerと言うソフトからも、電子の世界?(01のエフェクト)みたいな気がして、ゼーガペインにも似ているのかなと感じました。さらに天使役の花澤香菜さんは、ゼーガでもメインヒロインの了子も演じていたし、妙なつながりがあるような・・・。
 残り4回で、次回予告でユイが救われるとなると、残りの3回でゆりっぺと天使がどの様な展開になるのだろうか?果たして神はいるのだろうか?

 ここで、話をまとめると、生前に理不尽に亡くなった青年たちが集まる世界であり、天使は悔いのある死者たちを成仏させるために存在しているが、天使は死者を成仏させると一人ぼっちになってしまう。そんな天使を不憫に思った音無が神?に立ち向かうと言う事か。

タグ:Angel Beats!

バカとテストと召喚獣 [アニメ]

バカとテストと召喚獣を一気に13話見ました。二期の制作が決定したようで、やはり1クールだけでは物足りないですね。個人的には、秀吉を見るためのアニメかなと思っています。そういう意味でも、今日のえみりんのイベントには行きたかった。3曲歌そうですね。
 アニメの方は、なかなか良かったのですが、この手のアニメではよくありますが明久が鈍感すぎ。あとは、秀吉がカワイイのと、ヤンデレな翔子がお気に入りです。
 ところで、メインヒロイン瑞希(原田ひとみさん)やその妹の葉月(平田真菜さん)、さらに翔子(磯村知美さん)など知らない声優がいっぱい出ていて驚きました。世代交代が始まっているのか?その中でも、美波役の水橋かおりさん、美春役のあやにゃんが頑張っていますね。特にあやにゃんは今期はかなり出ているのでは?

とらドラ! [アニメ]

くぎゅ成分を補給したくて、今さらですが「とらドラ!」を一気にに見ました。非常に良かったです。特にほっちゃんの歌っていたED、OPは本当に良い歌ですね。ライブを思い出します。やはり、アニメはリアルタイムで見ないとだめだなと思いました。十分にくぎゅ成分を補給できた。

タグ:とらドラ!

嫉妬する生徒会 [アニメ]

生徒会の一存ですが、毎週とても楽しみにしています。今回は、新キャラのエリスちゃんが登場ですが、声が清水愛さんで「にーさま」と言うセルフがとても可愛らしかったです。毎回小出しでそれぞれのヒロインとの過去のエピソードさしきものが鍵の回想で流れるのが非常に気になります。と言うことで、続きが気になり次回がとても待ち遠しいです。