So-net無料ブログ作成
検索選択

AngelRing ~エンジェルリング~ [ゲーム]

AngelRing ~エンジェルリング~をプレイしています。何か、きゃん☆フェスと声優がかぶっているような気がしますが・・・。テンポも良く、話もまあ良かったので青葉りんごさん演じるミカを一気にクリアしました。やはり、青葉りんごさんのお声はイイ。元気系でヤキモチを焼くツンデレ系のミカの雰囲気というかイメージにぴったりですね。最後は、まさかネタばれという展開は、あまり予想していなかったので、どうなるのかとても楽しみでした。それで、ネタばれエピローグは、なかなか良いまとめ方だったと思います。
 続いて、実妹の佐奈に行くか。
AngelRing ~エンジェルリング~ 応援中!!

きゃん☆フェス! [ゲーム]

おとボク2がいまいちだったので完クリせず、きゃん☆フェス!を始めました。オレ的には、かなりピンポイントな声優でした。また原画の雛祭桃子さんも壁サークルになる前から行っていたのでかなり好きです。(最近は、激しすぎて行っていませんが・・・)
 最初に、ひなき藍さんが演じる帆希を攻略したかったのですが、なぜか夜子ルートに入ってしまいまいました。夜子ルートは、まあまあ良かったのですが、Hシーンまで行ったら何か満足してしまった?のか、一旦中断して、攻略サイトを参考に帆希ルートを一気にクリアしました。話は非常に普通でしたが、ひなき藍さんのお声のおかげでなんとかクリアしました。なんとなく話の展開が読めたので、このゲームはこのへんにして、AngelRing ~エンジェルリング~をプレイすることにしました。
「きゃん☆フェス!〜いたずら魔女とナイショの学園祭〜」6/25 ON SALE!

りりかる! [ゲーム]

夏コミで頒布していた夢見奏の「りりかる!」を一気にクリアしました。最近流行りの男の娘とバンドものです。しかし、色物に走らず、しっかりと曲を作ってきているところがいいです。とくにEDの「sweet smile」は優美役の芽々さんが歌っていて、歌声もいいですが、芽々ルートを非常に盛り上げています。
 シナリオは、彩芽と優美の2つのルートのみで深雪ルートは無しです。彩芽ルートは、テンプレ的なシナリオでまあ安心感はありますが、ある程度先が読めてしまうので少し物足りない感じですね。女装がバレるシチュエーションもまあ普通でしたし。
 一方、優美ルートは、単にエロ路線で行くのかなと思ったら、いきなりネタばれでプレイしていて思わず、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! と叫んでしまいました。まあ、ここからは、想像できるようなシナリオで、学園生活の最後の思い出に曲を作ろうと言うことになり、主人公が優美のために作るといった展開です。そして完成して、優美自身が歌いたいと言うことで、EDが出来上がったと言うことで、なかなか良いシナリオでした。



Rewrite体験版 [ゲーム]

クドわふたーをプレイせずに、初回特典のRewrite体験版をプレイしました。とりあえず起動してチェックしたことは、声優なのですが、config設定で音声を個別設定できてサンプルボイスがあったので聞いて見ました。小鳥の声は、全くわからなかったのですが某掲示板では、斎藤千和さんと書いてあったので早速アイムのOHPを見てサンプルボイスを聞いてみたら、まさにそうでした。続いて、ちはやですが全くわからない。「私はあなたが嫌いです」というセリフとツインテールだったので第一印象では一番気になりました。朱音と静流はわかり易いですね。それぞれ喜多村英梨さんとすずきけいこさんで、キタエリはABのゆい、すずきけいこさんはリトバスの佳奈多、葉留佳で出演されていました。最後のルチア、コレも全くわからない。こちらも某掲示板では日笠陽子さんではないかを噂されていますが何か違う気がします。と声優チェックが終了したので、早速プレイしてみました。いきなり月が出てきてオーロラのような背景で文章が出てきた。体験版なのでこうなったのかもしれませんが、この入り方はKANONもこんなようなだったか?そしてOP。曲は何かアニメのOPみたいでKeyっぽさが感じられなく、一言でというと普通か。ムービーの方は、いつの通りキャラ紹介とそれぞれのシーンですが、静流の眼帯はオッドアイを隠すためだったのですね。OPでネタバレしているのはいいのか?また、地球や荒野など厨二やバトルぽっさを非常に醸し出していた。早速、本編はなかなか読みやすいテキストでシステムも快適だったが、今回はじめてマップ?システムみたいのが導入されて、そこをクリックするとイベントが発生するといった感じで、とてもかったるいのですが、それが考慮されていたのかわかりませんがスキップで来るようにはなっていた。体験版なので、導入部分だけなので、主人公に関することとヒロインの紹介に関するシナリオで、主人公が特殊能力を持っていて、無意識に他の生徒たちと距離を置くようなる態度を取ってしまって、そのことに気がついている唯一の男性キャラの吉野との関係が少し気になりました。また、ヒロインではちはやはドジっ子属性みたいでプレイ前に期待していたツンデレ属性ではなかったのでお気に入りから外れてしまいました。一方、キタエリ演じる学園の魔女こと朱音が闇魔法(金の力や取引などの政治力)を駆使するしたたかさがキタエリの演技と合わさってとても魅力的なキャラで楽しいです。萌え的には、テレて可愛いところもある黒髪ポニーテール巨乳のツンデレなルチアが一番のお気入りです。静流は、かなり不思議ちゃんで電波な感じかな。と、相変わらず魅力的なキャラばかりで楽しいです。なんとなく、個別ルートに入ったら、それぞれ超展開が待っていそうな感じでした。いずれにしろ、完成が楽しみです。

栞ルートクリア [ゲーム]

リアル妹がいる大泉くんのばあいの栞ルートをクリアしました。珍しい実妹でしたが非常に良いシナリオでした。それを引き立てていた遠野そよぎさんの演技が非常に良かったです。また、素直になれない系ツンデレで、Hに積極的なデレ方が良く、兄のエロゲーをプレイしているうちにエロゲーにはまっていく過程も楽しかったです。
ネタばれうまく表現ができませんが、栞ルートは非常に良かったです。
 ちなみに美紀ルートは、普通でした。これなら舞ルートを作って欲しかった。いずれにしろFDは発売させるだろうな。また、シナリオのおるごぅる氏は妹シナリオに定評があるのか、知らなかった。桜乃シナリオもそうなのか。
ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!


麻衣ルートクリア [ゲーム]

リアル妹がいる大泉くんのばあいですが、麻衣ルートをクリアしました。栞をクリアしようとプレイしていたら何故か麻衣ルートに入ったみたいです。と言うよりも、ネタばれ
 麻衣ルートは少し短かったかなと感じました。また、Hシーンは、格好萌度が高かったので、ここまでの評価は普通の妹萌えゲームでした。ネタばれ。と言う事で次は栞です。
ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!

リアル妹がいる大泉くんのばあい [ゲーム]

先月末にはいっぱい発売されましたが、リアル妹がいる大泉くんのばあいをチョイスしてみました。妹に焦点を合わせたシナリオで評価も良さそうですし、メインヒロインでリアル妹の栞が素直になれない系ツンデレでしかも声が遠野そよぎさんなので気になりました。また、攻略対象が3人なので価格も安く手頃ですね。最近は、お気に入りのキャラしか攻略しないので、実はこういう形式の方が有り難かったりします。それでは、これから栞ルートを目指してプレイします。

榛名ルートクリア [ゲーム]

かしましコミュニケーション榛名ルートをクリアしました。イヤー、デレが全くないすごい徹底したクールですね。比率にして9:1以下かもしれません。まあ、シナリオの方も他のキャラとの絡みも有り、友情と榛名の心の動きなど結構良かったです。もう少し、テンポの良いテキストと言うか、先に進めたくあるようなテキストだともう少しいいかなと思います。AXLのゲームは結構シナリオがいいのですが、テキストがかったるいと言うか、一気に進めるには、少しパワーが足りないと言う感じで、いつもインストールからクリアまで時間がかかってしまいます。この辺が改善されたら良いのですが・・・・。次は、円先輩かな。
AXL新作第6弾「かしましコミュニケーション」2010年2月26日発売予定!

結乃ノーマルエンドクリア [ゲーム]

ヤベー、結乃のノーマルエンドの続きがとても気になる。しかも展開がとてもメモオフぽい三角関係、もしかして、メモリーズオフ6 Next Relationで神奈ルートはあるのか。しかし、PSP版は出てないか。
 次は、りえりえのかな黎音かな

結乃グッドエンドクリア [ゲーム]

メモリーズオフ6 ~T-wave~の結乃のグッドエンドクリアしました。前半は本当に楽しかったです。ラジオ番組をうまく活用しているところがとても良かったですが、後半は、展開が読めてしまって何かご都合主義的になってしまったのが本当に惜しい。あと2、3エピソードあればよかったのに、もう少し頑張って欲しかった。
 今回、再認識したのは、音楽の良さですね。結乃のBGM「Yuno-I -Sympaty-」は、結乃ルートの雰囲気を表した本当に素晴らしい曲だと思います。作者のHPで解説されているようで「優しさと切なさがテーマ」らしいです。本当にそのとおりだと思います。また、「Yuno-II -Dear friend-」の方も、ダークに始まって、途中からピアノが何か強い意志を表しているように聞こえるところがこれも良いです。改めて他の曲も聞いてみようかな。
 何気に、宮崎羽衣さんのキャラの声をじっくり聞いたのはアイシア以来かな。